働き方改革法案対応サービス

何故「働き方改革」なのか?
現在の日本では、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少していく一方で、育児や介護との両立など働き方のニーズが多様化しています。

そこで、投資やイノベーションによる生産性向上、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮させる環境を創ることが急務となっています。

働く人の個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く人がそれぞれより良い将来の展望を持てる社会の実現のため、「働き方改革」が実行されることになりました。

具体的に何が法律で決められたの?

働き方改革を実現するため、様々な法律が改正されました。

内容 施行時期
残業時間
の上限規制
時間外労働の上限を年720時間、月100時間、2~6ヶ月平均80時間に設定 平成31年4月
平成32年4月
有休取得
の義務化
年10日以上有休を持つ労働者について、5日の取得を企業に義務付け 平成31年4月
勤務間
インターバル
制度
勤務間インターバル制度の導入に努める 平成31年4月
割増賃金率
の猶予措置
廃止
月60時間を超える残業割増率を50%とする法律の、中小企業に対する猶予措置を廃止 平成35年4月
産業医
の機能強化
従業員の健康管理に必要な情報の提供を企業に義務付け 平成31年4月
同一労働
・同一賃金
正社員と非正規社員の待遇に不合理な差をつけることを禁止 平成32年4月
平成33年4月

中小企業における施行時期

具体的に何をすればいいの?

①就業規則の見直し

有給休暇の付与の仕方や、割増賃金の割増率などについて、就業規則や賃金規程で定めておくことが必要です。

②36協定の見直し

時間外労働の上限について見直し、労使で協定する必要があります。

③人事考課・賃金制度の見直し

正社員と同様の仕事をしている、正社員と同等の責任を負っているというパートや契約社員について、正社員と待遇に不合理な差が出ないように、人事考課・賃金制度の見直しが必要です。

④時間外労働の見直し

現状の時間外労働が上限を超えていないかチェックし、時間外労働を削減する等の方策が必要です。

フェリタスにお任せください!

以下のような事でお困りではありませんか?

  • 「働き方改革といっても何から手を付けていいか分からない」
  • 「うちの業種は長時間労働が常態化していて、どうやって基準を守ればいいのか・・」
  • 「有給休暇の管理方法に困っている」
  • 「就業規則を変更するのに、全体的に見直しをしたい」

当事務所では、お客様に合わせたサービスをご提供しております。まずは、初回相談無料のサービスをご利用いただき、貴社の問題についてヒヤリングし、アドバイスをさせていただきます。お気軽にお問合せください!

お問い合わせ

046-230-6861

お問い合わせ時間【平日】9:00 ~ 17:30

お気軽に相談ください

メールでのお問い合わせプライバシーポリシー

社長様・担当者様向け無料相談

早めの相談で解決できる問題の多い分野です。 お気軽にご相談ください。

初回30分無料相談受付中

無料相談のお申込み

ストレスチェック業務支援

2015 年 12 月 1 日からストレスチェックが義務化されました。 ストレスチェック・メンタルヘルス対策は当事務所にご相談ください。

ビジネス情報サイトダイヤモンドonlineで連載中

「組織を揺るがすモンスター社員」

石川弘子

掲載サイトへ

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士