平成30年度 年末調整

今年も、年末調整を行う時期となりました。

年末調整は、1年間の所得と納める税金を決定するための手続きのことで、 主に会社に勤めている人が利用できる制度です。

弊社でも、対象の顧問先様へは、順次申告書の配布を行っています。

そこで、昨年と大きく異なるのが、平成30年度から所得控除の一部である 「配偶者控除」「配偶者特別控除」に関する改正により、用紙が2種類から3種類になったことです。

①「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」

②「給与所得者の配偶者控除等申告書」

③「給与所得者の保険料控除申告書」

配偶者控除あるいは配偶者特別控除の適用を受ける場合には、 必ず上記①と②の両方の記載・提出が必要となります。

そのため、今まで配偶者控除や配偶者特別控除の適用を受けていた方については、
給与等の収入金額や申告書の提出モレによって、 例年通りの控除を受けられない場合がありますので注意が必要です。

国税庁HP

○平成30年分 年末調整のしかた
http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2018/01.htm

○年末調整がよくわかるページ
http://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

○その他、近年、外国人労働者も増えています。
「平成31年(2019年)分 扶養控除等(異動)申告書」については《英語版》もあります。
http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h31_01_en.pdf

お問い合わせ

046-230-6861

お問い合わせ時間【平日】9:00 ~ 17:30

お気軽に相談ください

メールでのお問い合わせプライバシーポリシー

社長様・担当者様向け無料相談

早めの相談で解決できる問題の多い分野です。 お気軽にご相談ください。

初回30分無料相談受付中

無料相談のお申込み

派遣法改正「労働者派遣事業許可」への切り替えを検討中の皆様

平成30年9月29日までに「特定労働者派遣事業」から「労働者派遣事業許可」への切り替えが必要になります。

詳細はこちら

ストレスチェック業務支援

2015 年 12 月 1 日からストレスチェックが義務化されました。 ストレスチェック・メンタルヘルス対策は当事務所にご相談ください。

ビジネス情報サイトダイヤモンドonlineで連載中

「組織を揺るがすモンスター社員」

石川弘子

掲載サイトへ

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士