言いにくい事を伝える!

ビジネスでは、ときとして「言いにくいこと」
を言わなければならいシーンがあると思います。

そんな「言いにくいこと」を言われた結果、大きく変わることができた私の
エピソードを紹介いたします。

弊社は年に2回、上司との個人面談があります。
実は、昨年の暮れに実施した面談で、
「言われたくないこと」を上司にはっきりと言われてしまいました・・。

上司は、私の「行動のクセ」について、ハッキリと「良くない癖だ」と言ったのです。
自分でもその癖に悩み続けていたので、胸を刺されるようなショックを受けました。
その時は、「逃げたい」「辛い」「どうしてそんな事を言うの?」という思いの反面、
「逃げたら私の成長は終わる」という思いもあり、
気持ちと思考の整理に必死だったことを今でも覚えています。

その後、毎日その感情と向き合って行く中で、
「素直に今の現実を受け止めることが私にとって最善なのだ」と思い至りました。
また、気持ちが落ち着いていくにつれ、「言いにくいこと」を伝えた上司も、
とてもエネルギーを使ったのではないか、と感じました。

仕事では上司が部下に対して、時として「言いにくいこと」を伝えなければならない場面があります。
それが部下や組織のために必要なことだと頭では分かっていても、どう伝えたらいいのか、不安もあると思います。
しかし、今回の私と上司のエピソードのように、伝える事で部下は大きく変わることができます。

私はこの出来事をきっかけに、悪い行動の習慣を捨て、良い習慣の思考を取り入れる事で、
今までより格段に仕事がスムーズに運ぶようになりました!
伝えてくれた上司には、今は心から感謝しています。

「言いにくいこと」を伝えることは難しいですが、そのような場面に出くわした際は、
勇気を出して、伝えてみてください。
上司の真剣な思いは、きっと部下にも伝わると思います!

ありがとうございました。

(文/今井)

お問い合わせ

046-230-6861

お問い合わせ時間【平日】9:00 ~ 17:30

お気軽に相談ください

メールでのお問い合わせプライバシーポリシー

社長様・担当者様向け無料相談

早めの相談で解決できる問題の多い分野です。 お気軽にご相談ください。

初回30分無料相談受付中

無料相談のお申込み

ストレスチェック業務支援

2015 年 12 月 1 日からストレスチェックが義務化されました。 ストレスチェック・メンタルヘルス対策は当事務所にご相談ください。

ビジネス情報サイトダイヤモンドonlineで連載中

「組織を揺るがすモンスター社員」

石川弘子

掲載サイトへ

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士