有期契約が5年を超えると無期契約になってしまう??

平成25年の労働契約法改正で、同一の事業主で5年を超える有期契約の労働者が申し出た場合は、無期契約に転換しなくてはいけないとなりました。

あれから5年…
平成30年4月に、法改正から5年経つので、対象となる有期契約労働者が出てきます。5年を超えて、契約更新をしてきた有期契約者がいる企業は、注意が必要です。

企業によっては、60歳定年後に、嘱託として有期契約で65歳まで雇用すると定めていることもあるでしょう、その場合は、どうなるのでしょうか?

60歳から65歳まで有期で契約し、5年を超えた場合でも、本人が希望すれば無期に転換する必要があります。
ですが、例外として定年後の継続雇用で同一の事業主に雇用されている場合、労働局に第2種計画の認定申請をしておけば、無期転換のルールを適用しなくても大丈夫です。

定年後、嘱託などで有期契約をしている企業は、申請しておくことをお勧めします。

また、よくある誤解として、無期契約=正社員です。

無期契約は、必ずしも正社員になるとは限りません。例えば、正社員より短い時間・日数の有期契約のパートさんが、時間や出勤日数はそのままで、定年までの無期パートになるというパターンがあります。

平成30年4月を迎える前に、就業規則の見直しや、有期契約者の契約状況の確認などをしておきましょう!

お問い合わせ

046-230-6861

お問い合わせ時間【平日】9:00 ~ 17:30

お気軽に相談ください

メールでのお問い合わせプライバシーポリシー

社長様・担当者様向け無料相談

早めの相談で解決できる問題の多い分野です。 お気軽にご相談ください。

初回30分無料相談受付中

無料相談のお申込み

派遣法改正「労働者派遣事業許可」への切り替えを検討中の皆様

平成30年9月29日までに「特定労働者派遣事業」から「労働者派遣事業許可」への切り替えが必要になります。

詳細はこちら

ストレスチェック業務支援

2015 年 12 月 1 日からストレスチェックが義務化されました。 ストレスチェック・メンタルヘルス対策は当事務所にご相談ください。

ビジネス情報サイトダイヤモンドonlineで連載中

「組織を揺るがすモンスター社員」

石川弘子

掲載サイトへ

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士