職場における熱中症対策と労災認定

去年に続き、今年の夏も暑かったですねー。
去年と違って梅雨明けが遅く、梅雨明けと同時に一気に猛暑が押し寄せてきたせいか、私の周りでも体調を崩す人が続出しました。
よくやく9月に入り、ほんの少し暑さも和らいだような気がしますが、実は9月に熱中症で倒れる方が多いそうです。

 

厚生労働省の調査によると、職場での熱中症による死傷者数(死亡者と休業4日以上の業務上疾病者数を加えた数)は近年400~500人台で推移していましたが、
昨年は1178人と過去10年間で最多を記録し、死亡者も28人と前年比2倍となりました。
業種別の死傷者数では、建設業がいちばん多く、次いで製造業、運輸業となっていますが、商業や警備業、その他の事業でも多く発生しています。

さて、皆さまの職場ではいかがでしょうか?
万が一、職場で熱中症などで従業員が倒れた場合
応急処置をどのように行ったかで、裁判の行方が決まるそうです。
下の図は環境省が出している熱中症予防マニュアルです。
これに沿った措置を会社が取っていれば安心ですね。

 

お問い合わせ

046-230-6861

お問い合わせ時間【平日】9:00 ~ 17:30

お気軽に相談ください

メールでのお問い合わせプライバシーポリシー

社長様・担当者様向け無料相談

早めの相談で解決できる問題の多い分野です。 お気軽にご相談ください。

初回30分無料相談受付中

無料相談のお申込み

ストレスチェック業務支援

2015 年 12 月 1 日からストレスチェックが義務化されました。 ストレスチェック・メンタルヘルス対策は当事務所にご相談ください。

ビジネス情報サイトダイヤモンドonlineで連載中

「組織を揺るがすモンスター社員」

石川弘子

掲載サイトへ

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士