労働時間と判例の動きについて

ここ最近、労働時間について行政の動きや、判例を見ていると、大きな変革期にあることが分かります。 裁判ではみなし残業が悉く否定されているケースが目立ちます。

数年前までは、ある程度みなしを支払っていれば、その部分を控除して考えてくれていたのが、通用しなくなってきている印象です。
「みなし残業手当〇〇円」だけだと、何時間分か不明の上、労働時間の集計をしていないとなると、「そもそも払うつもりが無かったのだから、 違法」とされているケースも裁判では出てきています。
トラブルが裁判や労働審判までいったら、単なる金額だけのみなし残業は、否定される可能性も大きいです。
今後は一層「労働時間の集計」等の徹底が必要となります。

詳細については厚生労働省から出ている「労働時間の適正な把握のためのガイドライン」をご参照ください。

 

お問い合わせ

046-230-6861

お問い合わせ時間【平日】9:00 ~ 17:00

お気軽に相談ください

メールでのお問い合わせプライバシーポリシー

社長様・担当者様向け無料相談

早めの相談で解決できる問題の多い分野です。 お気軽にご相談ください。

初回30分無料相談受付中

無料相談のお申込み

ストレスチェック業務支援

2015 年 12 月 1 日からストレスチェックが義務化されました。 ストレスチェック・メンタルヘルス対策は当事務所にご相談ください。
フェリタスチャンネル
SDG'sへの取り組み

業務提携企業のご案内

産業医・産業保健師のご紹介 - 株式会社ロムラボ